生徒さんの作品

トップ > 生徒さんの作品

生徒さんオリジナル-手縫い針入れ

これは、最初の生徒さんオリジナル作成時にYさんが作成したものです。Yさんは、既に独学で色々なものを作成している人ですが、最初は簡単なものからということで作ったものです。シンプルですが、手持ちの型押しを部分的に使うなど独創的なものを作る人です。

生徒さんオリジナル-ナイフシース

Hさんは釣りなどに使っているボロボロになってしまったナイフのケースを作り変えました。革は、ヨーロッパ産の硬く厚い蝋引きのレザーが若干残っていたので、それを使用しました。作りは複雑なものではないのですが、コバもピカピカに仕上げており、仕上がりのクオリティーはかなり高いですね。とてもいい作品だと思います。

生徒さんオリジナル-ヌメ革のバッグ

Sさんは、オリジナル作品を何にしようか決めかねていたのですが、たまたま修理で置いてあったバッグをまねて作ることにしました。一番最初のオリジナル作成でしたので、裏地を使わない1枚革で仕立てることを勧めました。ハンドルの仕掛けにややこだわることで、インンパクトのある仕上げになったのでは?と思います。

教室の課題-小物入れ

手縫いによる立体物です。拝み合わせ縫いなどの技法でこのようなミシンでは仕立てられない立体物を作成することができます。これは、筒状のかたちばかりでなく、応用の利く技法だと思っています。この技法を使って手縫いの世界で今までにないようなものが作れるのではないかと思っています。生徒さんには、ショップ内にある在庫の中から好きな革を選んで作ってもらっていますが、同じ作成物でも随分印象が変わりますね。

教室の課題-パスケース

手縫いで仕立てたパスケースです。通常、手縫いでは厚めの革を太目の糸で仕立てますが、これは市販されているようなパスケースに近い作りとなっています。手縫いでも、薄めの革で糸もやや細めでここまで仕立てることができます。

この課題は、パスケースか名刺入れのいずれかを選択して作成します。

生徒さんオリジナル-バッグ

これはKさんの2つ目の作品です。革は、もう廃盤となっているものでぎりぎり足りました。女性的な手作りの雰囲気のある作品だと思います。

生徒さんオリジナル-ビデオカメラケース

これはIさんの作品です。本当はショルダーストラップが付くのですが、まだ完成していません。この鍵の大きさを見てもらうとわかるかと思いますが、かなり小さめのものです。かなりいい出来ではないかと思います。とてもかわいいです。

教室の課題-システム手帳ファスナー付き

これは小物の最終課題で、かなり凝ったシステム手帳です。そこそこ複雑な構造です。生徒のみなさん時間もかかりましたが、ほとんど完成してきています。これは手縫いで仕立てていますが、コバは樹脂で相当きれいに仕上げることにしています。これはホワイトでかなり目立つのではないでしょうか。

生徒さんオリジナル-財布

これはKさんの始めてのオリジナルでした。実はこうした薄い2つ折の財布は、最も大変な作成物のひとつです。他のものにするように言ったのですが、本人の強い希望によりやることにしました。何とかかたちになりました。ただちょっとした手違いにより、横向きに収まるカード入れのサイズが小さくなってしまい、縦置きに収めることで事なきを得ました。ほっとしました。

ページトップへ